デジタルマガジン

2007年08月28日 12:57

アメリカでは肥満が流行病に。ミシシッピ州では3人に1人がデブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでは肥満が流行病に。ミシシッピ州では3人に1人がデブ

 全米レベルで保健問題に関する提言を行っている非営利団体、米保健トラスト(TFAH)が27日発表した米国民の肥満度に関する年次報告によると、全米50州およびワシントン特別行政区のうち31州で昨年よりも大人の肥満比率が上昇、肥満が深刻化していることがわかりました。

 この調査は今年で4回目となり、2004~06年の3年間の平均肥満比率を算出した結果、03~05年の平均肥満比率を下回った州は1州もなかったことも判明しました。アメリカやばい。

 肥満が最も多かったのはミシシッピ州で30.6%。州単位で30%を超えたのも初めてだとか。3人に1人がデブとか嫌な世界です。むしろそれがデファクトスタンダード、みたいな。

 最も低い州はコロラド州で17.6%。肥満比率25%を上回った州は前年報告の14州から19州に増加しています。4人に1人がデブ。

 さて気になる日本は3%です。太っている人が増えたと言われていますがまだまだ大丈夫そうです。そういえば「アメリカ人が全員日本人並の食事にすれば、世界の食料自給率は満ち足りて飢餓がなくなる。」なんていう話もありましたね。

 情報元

このエントリーをはてなブックマークに追加