デジタルマガジン

2007年06月09日 5:44

中国の環境は悪化し続けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然

 SEPAの第1四半期報告によると、汚染は国の各地で悪化の一途を辿っているようです。良くなる度が10としたら悪くなる度が20みたいな。一歩進んで二歩下がっているようです。

 飲料水として使うことにできる水は全体の70%未満。主要都市の方だとまだ少し高いのですが、それでも落ち続けている状況です。

 空気はというと、なんと現在は良くなっている状況です!ただし一時的。偏西風で悪い空気が飛ばされてしまってるんですね、主に日本に。おかげさまで光化学スモッグで目は痒いは、黄砂で車は汚れるは最悪です。

 SEPAの幹部Pan Yue氏は環境の破壊や汚染を拡大させる建設プロジェクトを禁じなければいけないと主張しています。が、あまり改善されてはいないようです。

 北京五輪に行かれる方は気をつけましょう。

 情報元

このエントリーをはてなブックマークに追加